生前整理 着物

生前整理で着物を処分するには

終活、生前整理をする人がここ数年増えてきています。暮らしていくうちにだんだんとものが増えてきて、もしもという言う時に子供や家族に迷惑をかけてしまうほど溜め込んだもの。

 

そういうときのために「生前整理をしよう」と思ってもなかなか自分では進まないものです。大量にゴミが出てしまいますし、まだ使えそうなものはどうしても捨てるのがもったいなく感じてしまうからです。

 

とくに、嫁入りに持ってきた着物や親、祖母などから受け継いできた着物は捨ててしまうのは忍びないですよね。生前整理で不要になった着物などを居分するには一括で買い取ってくれるサービスや、寄付などの方法があります。

 

着物を処分方法

 

着物は普通の洋服と違ってあまりに古いからといってもゴミで捨ててしまうのはとてももったいないことです。破棄する以外に着物・和服一式を処分できる方法を紹介します。

 

着物の買取をお願いする

 

着物は専門の業者であれば高く買取ってもらえます。全国対応で家まで訪問査定に来てくれる買取業者がほとんどですが、家にも来てほしくないという場合はダンボールに詰めて送るだけの宅配査定サービスもあります。

 

⇒ 着物買取の業者はこちらのページで紹介しています

 

寄付する

 

不要になった着物は寄付することもできます。寄付した着物は募金活動(寄付活動)に生かされます。

 

セカンドライフでは引き取れない着物はほとんどありません。

形や質が古いもの、リメイクされたオリジナル和装、様々な柄や模様のもの、名入れのある着物や和服も大丈夫です。

 

少しくらいの破れ、穴、ほつれ、傷も全く問題ございません。

 

まだ使える状態であればどんなものでもお引き取りしますので、お気軽にご自宅で眠っている古着を全て詰めてお送りください。
引用元:セカンドライフ

 

くわしい寄付方法はセカンドライフのページを確認してください。

 

⇒ セカンドライフ

 

フリマ・オークションで売る

 

インターネットを使えばフリマアプリやヤフーオークションで出品し着物を売ることができます。かなりボロボロになっている着物でも、リメイクするために布として利用したい人もいるので需要があります。

 

出品方法が自分で分からなければネットに詳しい家族にお願いすることになります。

 

この方法は手軽ではありますが、デメリットも多く

  • 必ず売れる方法ではないこと
  • 専門家が査定しないため低価格で売ってしまう
  • オークションの終了までは日数がかかる
  • 配送手続きが必要
  • 個人間の売買なのでトラブルもある

などがあります。とくに売買でトラブルになった場合は文句を言われたりと精神的にもうれしくないことばかりなので、おすすめできない方法です。

 

生前整理は早めに始めよう

 

生前整理は自分の生活用品、家具、家などを整理することです。物だけでなく遺産の割り振りや、美術品・骨董品のような高価なものも売るのか相続させるかなどを決めていく必要があります。

 

また、日常的に使わない家電製品や古い服、書籍、楽器など家にあるものは処分の対象になります。

 

そのうちやろうと思っていると体力的にも片付けが大変になり結局、家族、親せきなどの手を借りることになるので、思い立ったら早めに生前整理を始めましょう。

 

page top